福山市水道局について

水道工事計画

福山市は広島県の中でも広島市に続いて人口が多い都市で
、2015年12月現在での人口は約46万人と言われています。
人々の生活に欠かせない一つに水道が在りますが、福山市の上水道並びに
下水道の維持管理を行っているのが福山市水道局です。

 

多くの人々が毎日利用する水道は、上水道として各家庭に給水が行われ
、排水された下水については下水道を利用して処理場に送り込むなど、
福山市水道局では水道料金・下水道使用料を個別に請求を行っているのが特徴です。

 

尚、水道管は各家庭に水を給水させるための設備になりますが、水道管が
劣化する事でひび割れて起きてしまう事も有り、そこから漏水となり無駄な
水を流してしまう事になります。

 

また、地中に埋められている水道管は、普段の生活では目にする機会は在り
ませんが、定期的な点検を行う中で漏水が確認されると、指定事業者を利用
しての水道工事を実施すると言ったケースも在ります。

 

また、水道管の劣化により、水道工事が行われる事も有り、地域に住む人々な
どに対し、何時から何時まで水道工事が実施されるのかと言ったお知らせを、
福山市水道局は行い、工事中に掛かる騒音やトラックなどの往来に対するお知
らせを行っています。

 

尚、福山市水道局では、福山市に住む人々のための水道工事計画をホームページの
中で公開しており、水道計画が実施される地域に住む人々に対してのお知らせを
ホームページの中でも紹介しています。

 

水道工事が実施される間は、水道工事計画に従って断水と言ったケースも在ります。
断水と言うのは、水道の蛇口をひねっても給水が出来ない状態であり、
この間はキッチンでの洗い物や洗濯などをすることが出来ないため、事前にお知らせを配布し、
何時から何時までの間は断水になるのかと言ったお知らせを行っています。

 

また、お知らせの中には水道工事の完了後の注意点なども掲載されているのですが、
水道管を新しいもの交換した後などでは、水道から色水と呼ばれる水が流れてくるこ
とが在る為、暫く水を出しっぱなしにしておいてから飲み水や調理に使う水を給水
するようにと言ったお知らせも行っています。